マンション・一戸建て・土地などあらゆる不動産に対応・不動産を売却するなら無料一括査定の「サティ」

マンション・一戸建て・土地などの不動産を、その地域専門の優良不動産会社に査定依頼。
不動産やマンションの売却なら無料一括査定サイト【サティ】にお任せ下さい。
HOME

「仲介」と「買取」の違い

不動産を売却する方法には、「仲介」と「買取」の二種類の方法があります。
どちらも不動産会社を通して行うのですが、下記のような違いがあります。

「仲介」と「買取」の違い

■仲介とは

不動産会社が貴方に変わり物件の売却活動を行うことを「仲介」といいます。

購入希望者が見つかった場合は不動産会社に「仲介手数料」を支払う必要がありますが、 物件を市場価格で売却出来るのがメリットになります

■買取とは

不動産会社が直接物件を買取る事を言います。

購入希望者が見つかるまで待つ必要が無いのが大きなメリットにはなりますが、 一般的な市場価格より低い価格で買い取られる事が多くあります。

メリット・デメリット

その他、「仲介」と「買取」には下記のようなメリット・デメリットがあります。
それぞれのメリット・デメリットを理解して自分の不動産売却計画にあった方式を選ぶといいでしょう。

  メリット デメリット
仲介契約
  • 売却の価格を相談しながら決めることができる
  • いつ売れるかはわからない
  • 売却価格は最後までわからない
  • 買主が一般の方の場合、契約後で白紙になる場合もある(ローン特約)
  • 近所の人に知られる
売買契約
  • 売却金額がすぐわかる
  • 契約・決済が早い
  • 仲介手数料が不要
  • 引渡し期間の融通が利く
  • 業者が買主のため安心
  • 近所の人に知られない
  • 仲介に比べて安くなる場合がある。

急ぎで売りたい場合は「買取」、時間に余裕がある場合は「仲介」をおすすめします!

上記の表では「買取」のメリットのほうが多いように見えますが、やはりネックとなるのはその売却額です。

一般的に不動産査定会社が買取る場合は、仲介の相場の「60〜75%」で買取ると言われています。 ですので、すでに購入したい物件が決まっていてあまり時間的に余裕が無い場合などのすぐに不動産を売却したい際には買取を利用するといいでしょう。

勿論、査定を比較する上で希望額より高い値段で買取査定額を出してきた仲介会社がいれば、そのまま買取をお願いするのもひとつの手となります。

インフォメーション

  • 初めての方へ不動産売却の
    無料一括査定とは?
  • 売却までの流れ不動産売却のキホン
    査定から成約までの流れ
  • Q&A不動産・マンション
    売却査定時の質問一覧